犬ぞりをマスターして北極を旅してみたい
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
極地の村での生活が始まりました
朝9時。外は−20℃真っ暗。昨日は近所のお宅に招待され一人で出掛け言葉を教わり夕食を頂いた。
既にイヌイット語が頭の中で渦巻き混乱している(クダ→こんにちは、コヤナ→ありがとう)。
ここの生活は実にシンプルで照明は玄関と家族のいるリビングダイニングとロウソクと必要最小限。驚く事に観葉植物を栽培しており太陽光の代わりになる照明を24時間点灯している。
水は家庭に配管すると管が凍る為保温に電気が必要となるので配管されておらず村のタンクへ汲みに行く。飲み水は氷河の塊を溶かして飲むが、何万年もの時を経た氷水の味は実に旨い。家は室内が凍らないように24時間暖房されており快適である。
食事はトナカイ肉、ジャコウ牛肉、ウサギ肉、オヒョウ、鮭の仲間など地元で取れた物を頂いたがどれも旨い。野菜等は高価でデカい玉ねぎ一個72円、デカいジャガイモ一個90円、卵一個54円。ヘリが飛ばないと届かない為にいつもある訳でなく皆さん楽しみにしているようだ。
ここで暮らすと日本の贅沢な暮らしを反省してしまう。北極でも電気の必要性を感じるが必要量が日本とは随分と違うようだ。日本の為に更なる省電力機器や自然エネルギーの開発や将来性に期待する。
(メールより転載/1.27-22:59JST)
スポンサーサイト
コメント
コメント
レポート楽しい!
質素な暮らしなんだね。
水をくみに行くの、大変そう。
2013/01/29(火) 06:31:11 | URL | さっちゃん #- [ 編集 ]
元気かぁ~
明けましておめでとう!
遠くでガンバル茂君だぁ~:-O 
2013/01/29(火) 14:48:51 | URL | 白石島  #A75NpKCQ [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。