犬ぞりをマスターして北極を旅してみたい
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
遅い夕暮れ
3月9日(日) 気温-24℃
先月、極夜が終わり太陽が昇るようになって3週間が過ぎようとしている。初めの1週間ほどは1~2時間ほどしか出ていなかった太陽も今では10時間ほど出るようになってきた。相変わらず太陽は余り上には昇らないで横移動ばかりしている。だから、太陽が登場する場所と消えていく場所の間隔がどんどん広がる。先週はまだ南西に沈んだ夕日も今では西に沈み岬が邪魔して夕日が見えなくなってしまった。こうして、あと1ヶ月ほどすれば白夜になり太陽が沈まなくなる。北極という所は実に極端な環境で時計を気にしていないと夕飯が夜食の時間になってしまう事もある。もはや腹時計もあてにならない。今の時間は夜の8時を過ぎた頃。外はまだ明るく西の空には夕暮れが見える。9時頃には暗くなるが、来週になればもっと遅くまで明るいだろう。

ブログ写真(3月上旬の夕暮れ1)
夜8時頃、まだ西の岬の向こうには夕暮れが

ブログ写真(3月上旬の夕暮れ2)
夜8時頃、村から見た景色
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。