犬ぞりをマスターして北極を旅してみたい
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日の出
 シオラパルクに4ヶ月ぶりの太陽が昇りました。
初日の出は曇り空で見られませんでしたが、日本を離れてから28日ぶりの太陽です!
太陽を見ただけなのに何故か気持ちがホッとします。
 太陽は昼過ぎから地平線のわずか上を3時間ほど横(西)へ移動して沈みました。上には殆ど昇らず何とも不思議な光景でしたが、それでもこの村にも太陽が戻ってきました。
太陽が昇ると今までとは大気の明るさがまったく違います。俺は太陽に夢中になり影が出来ている事にしばらく気付きませんでした。
 太陽の光を浴びるって最高にいい感じです。
スポンサーサイト
明日シオラパルクは初日の出を迎えます
 今年のシオラパルクは暖かいようで来てから1ヶ月の気温は-25~-15℃でした。
眼下の海氷も割れては風で流されて安定しない日が続いており犬橇も棚氷づたいに移動されています。棚氷とは岸にくっついて動かない氷の事で幅はさほど広くなく、隣接する海氷は潮の満ち引きの度に海氷側が上下に動いて割れる為に棚氷との間は少し開いています。
 氷が安定して張れば隣町カナックまでは海氷上を約50㎞6時間程で着くようですが、先日カナックから来た方は棚氷づたいに3日かかって着いたと聞きました。
 ヘリコプターの定期便も週2便ありますが天候不順で先週から一度も飛んで来ません。私が1月下旬に来てからも半分程が欠航になっています。
 私は先週から米の入荷を待っているのですが、いつ届くのか皆無です。卵が1月末に今年初めて届きました。数ヶ月ぶりの入荷だったようですぐに完売です。次の入荷は春先くらいかなと言ってられました。ここでの滞在中に卵かけご飯はまず食えそうにないです。

 明日シオラパルクは初日の出を迎えます!待ちに待った太陽が昇ります。ここ数年は曇り空ばかり続いて初日の出を見れていないようですが、今年は是非晴れて欲しいものです。
大島育雄さんのこと
2/2気温−25.2℃
 シオラパルクに来て一週間が過ぎた。私がお世話になっている大島さんをご紹介致します。
大島さんはここに住んで40年になる猟師でグリーンランドの猟師仲間にも大変有名な方です。
現在65才、ご自身は「大人の遊びをしている老人だ」と言われますが、同年代の日本人と違い年齢を全く感じさせない程よく動きよく働く元気一杯の現役である。常に何事にも興味を持ち情報収集されており、地球最北の村に居ても世界情勢などにも詳しく大変勉強熱心で知識豊富な方である。
犬橇は1チームあり若い犬も含め約15頭持っておられます。1日の生活は、天気が良い日は昼間猟に出てそれ以外は家で毛皮の加工や毛皮で衣類を作るといった仕事をされてます。
現在は奥様と二人暮らしをされており家には毎日誰かが遊びに来て賑やかです。
 大島さんに北極星がほぼ真上近くにある事を教えられて見上げた時に北極にいる事を改めて実感しました。やや北よりのほぼ真上に北極星があります。他の星もとても明るく星座もハッキリとここでは見る事が出来ます。
あと二週間もすれば太陽が出るので村の様子もより見えてくると思われ、今は太陽が昇る日をとても待ち遠しく楽しみにしています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。