犬ぞりをマスターして北極を旅してみたい
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
薄明るい夜の下で
3月21日
夜もかなり遅くまで明るくなってきた。4月下旬には白夜の季節が始まる。
テントで寝ていても何となくテント内も明るくてライトがなくても何となく見えるようになってきた。外に出てみると遠くの山が見えた。時間は23時を過ぎた頃・・・実際は写真以上に明るい

ブログ写真(薄明るい夜とテント)
スポンサーサイト
テント内の様子
3月20日
今回は結局ストーブ無しでのテント泊となった。テント内の室温は夜で-24℃、日中で-13℃。

テント内全面にはエマージェンシーシート+2mm厚ウレタンマットを敷いて、寝袋は内側からシュラフカバー+ダウンシュラフ+ポリエステルシュラフ+シュラフカバーの4層。寝袋の下にはZライトマット+犬の毛皮。と、まぁこんな感じでテント泊をスタートさせた。
実際にこれで十分に温かくて寒さにも慣れてきたので、最後はダウンシュラフ抜いてみて、シュラフカバー+ポリエステルシュラフ+シュラフカバーの3層で寝た。ちなみにダウンシュラフはナンガ製。ポリエステルシュラフはモンベル製バロウバッグ#0ロング(USA版)。

Zライトの窪みに発汗した汗が溜まって凍るので底冷えがしたが、犬の毛皮を敷いてからは底冷えも感じなくなり、朝までぐっすり熟睡できた。
イヌイットの猟師はトナカイの毛皮を敷くようで、これはもっと温かいらしい。

ブログ写真(テントの中)
寝袋の右下にチラッと見える犬の毛皮

ブログ写真(マットに溜まる凍った汗)
発汗した汗が窪み溜まって凍った
やっとテント泊
3月19日(水) 気温-25℃
今回、1月初め日本からグリーンランドへ送った荷物が誤発送により南米のグアテマラへ送られるというトラブルがおきた。約1ヶ月を過ぎて異常に気づき荷物の調査を依頼してグアテマラにある事が判明した。そこからまた色々あって結局日本に戻ってきたのが2月下旬。
そこから再度グリーンランドに送ってもらい、今日やっとシオラパルクに届いた。

本来、2月の一番寒い時期にテント泊を計画していたが出来なかった。それでも、今日から早速テント泊を始める事にした。いい具合に、今日は、気温-25℃ぐらい、風は風速15mぐらいの強風で結構寒い。まずは村はずれで犬と一緒にテント泊。テントは氷上で風上にそりを置いてアンカーにして設営。

ただ、この時期のシオラパルクは21時過ぎてもまだ外は明るく西にはまだ夕暮れが見える。夜がどんどん短くなっています。

ブログ写真(テント)
氷海上から見た風景
3月11日(火) 気温-21℃
今日は、昼から一人で氷海上を約10kmほど歩いてみた。視界には、さえぎる物も何も無く広大な氷海の景色が広がっていた。
足元は海なのだが、凍った世界では海を感じる事は出来ない。厚みのある氷が波の音もうねりもすべて封じ込めてしまっていた。それでも表面に薄く積もった雪を足で除けると凍った透明の氷が顔を出して自分が氷海の上に立っている事をやっと実感する事が出来た。夏ならシーカヤックを漕いでいるであろう場所を立って歩いていると、何とも不思議な感じがするものだ。
とにかく見渡す限りの氷海を一人占めである。何と贅沢な事をしているのかと思ってしまうが、氷だけの世界は余りに静かで何も無く感動よりむしろ怖ささえ感じてくる。
ただ、これほどに平らで広大な景色は日本では見る事が出来ない。自然のスケールには驚くばかりである。今、そのスケールの中に自分がいる。実に不思議な感じであるが、最近慣れてきて以前から暮らしていたような気持ちになっている。

ブログ写真(氷海上を歩く2)
氷海上から見た太陽

ブログ写真(氷海上を歩く1)
シオラパルク村から氷海の上を歩いてきた(右端:自分の足跡)
氷上アンカー
3月10日(月)
村前の氷上に犬ぞりを固定する為のアンカーを作った。棚氷から氷海に一旦そりを下ろしてから犬達をつなぐ為である。干潮時は氷海と棚氷の段差は大きくなり急こう配となる。別々に下ろす事で安全に氷上から出発する事が出来るからだ。
アンカーは斧やナイフを使い氷に穴を開けて作る。とても頑丈で氷の世界ではどこにでも作れて一番便利な固定方法である。
ブログ写真(氷上アンカー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。